米肌のクレンジング「オイル」VS「クリーム」メイク落とし比較

米肌のメイク落とし(クレンジングオイル・クレンジングクリーム)について

コーセー米肌はお米由来の成分を配合し「すっぴん美肌が叶う」と話題の総合スキンケアブランドです。

 

米肌クレンジングオイルクレンジングクリーム

 

米肌のクレンジングは「オイル」と「クリーム」2種類あるのですが、どっちを買おうか迷っている方もいるかもしれませんね。

 

両方とも同じメイク落としだけど、どう違うのか知りたいという方もいるかもしれません。

 

そこでこのページでは米肌のメイク落とし2タイプについて詳しく見て行きたいと思います。

 

お肌に優しくメイクオフしたい方は必見です!

 

米肌のクレンジング オイル VS クリーム

 

米肌から発売されている「澄肌クレンジングオイル」と「肌潤クレンジングクリーム」、両方ともお値段は同じ1,980円(税込み)です。

 

クレンジングオイルは目安量使用で1.6〜2.5ヵ月ぐらい(約150回プッシュ分)使えるそうです。

 

クレンジングクリームは1〜1.5ヵ月ぐらい(約48回分。)使えるそう。

 

クレンジングオイルの方が長く使えるようですので、コスパはオイルの方が優れていますね!

 

 

米肌クレンジング 口コミ対決

 

澄肌クレンジングオイルと肌潤クレンジングクリームの口コミを読んでみましたが、それぞれのメリットデメリットをまとめると以下の様になります。

 

澄肌クレンジングオイル 悪い口コミまとめ

 

しっかりメイク(アイメイクやマスカラ)は汚れが落ちず残っている事がある

 

落ちにくいメイクをしている場合は専用のリムーバーを使った方が安心できる

 

 

澄肌クレンジングオイル 良い口コミまとめ

 

軽めでサラサラしているオイルでなじみが早い

 

塗れた手でもOKなので、入浴時にメイクが落とせて便利

 

オイルなのにすすぎが簡単

 

ザラツキやごわつきも一緒にオフしてくれる

 

オイルなのにつっぱらない

 

 

澄肌クレンジングオイルの口コミを見ると、大半の方がクレンジング力に満足していましたが、人によりポイントメイクは落ちづらいと感じているケースも見れました。

 

良い口コミでは、オイルなのにサラサラですすぎも簡単というテクスチャに魅力を感じている人や、すすいだ後にきちんと潤いを残してくれるという点が高評価の理由として挙がっていました。

 

 

肌潤クレンジングクリーム 悪い口コミまとめ

 

落とした後の皮膜感やヌルヌルが気になる

 

 

肌潤クレンジングクリーム 良い口コミまとめ

 

肌への負担を感じないクレンジング

 

メイクをしっかりオフしてくれるが、すすいだ後はしっとりスベスベになる

 

クリーム状なので伸ばしながらマッサージもできる

 

米肌にしては価格が安い

 

 

肌潤クレンジングクリームの口コミを読んでいて気付いたのは、洗い上りがしっとりと感じるか、皮膜間が残っていると感じるかという感じ方の違いです。

 

これは洗顔料などに割と共通して見られる現象?だと思いますが、ある人にとってはしっとりでも、ある人にはべたつきに感じられたりすることがあるんですよね。

 

こればかりは実際に使ってみないと分からない事かも...。

 

米肌 クレンジング まとめ

 

口コミから見えてきた商品の特徴を考えると次のような事が言えると思います。

 

クレンジングはやっぱりオイルで毛穴や角栓もキレイにしたい!

 

すすぎがしやすいオイルクレンジングを探している

 

塗れた手でメイクを落としたい

 

こんな方は澄肌クレンジングオイルが向いていると思います。

 

 

メイクを落とした後のつっぱりが気になる

 

ふき取りタイプのクレンジングを探している

 

顔色をマッサージで明るくしたい

 

こんな方は肌潤クレンジングクリームの方が向いていると思われます。

 

 

米肌製品を購入しているとサンプルが一緒に届いたりするそうですので、是非使って相性を確かめてみてください♪

 

ちなみに、ここでご紹介したクレンジングオイルとクリームはライスパワーエキスではなく、それぞれ「米胚芽油」と「米ぬか油」を配合しています。

 

口コミでは「米肌の割にリピしやすい価格」という感想が見られましたが、配合成分のコストの関係でお手頃価格になっているのかもしれませんね。

 

お米由来の成分には違いないですので、お米エキスと相性の良い方はクレンジングも米肌で揃えてみると良いと思います。